おしゃれさん!?

スズキ目/クサウオ科/クサウオ属/スナビクニン

今日は、葉山で今の時期にしか見る事の出来ないスナビクニンをご紹介いたします。

スナビクニン

水玉模様に、ストライプ、そして無地。

更には、幾何学模様まで、様々な模様を纏ったスナビクニンがいるんですよ。

10170765_617052028380435_8014594108230542203_n

色々な柄や色のスナビクニンを探すのは、宝探しのような楽しさもあります。

オタマジャクシのような、ダンゴウオのような…

それでいて、目はちょっとサメっぽいような…

不思議な生き物です。

 

では、どこを探せばよいのでしょうか?!

 

葉山では、ワカメのメカブのひだの中に潜んでいる確率がとても高いです。

メカブのひだを優しく、ゆっくりとめくると目が合うんです(笑)

腹鰭がダンゴウオの用に吸盤になっていて、その吸盤のお陰で海藻に貼りついている事が出来るんです。

また、夜行性で光を嫌がるので、ひだを開いた瞬間に裏のひだに回って行ってしまう子も多く、

撮影には他の人の手を借りないと大変かもしれません。

ですが、上手に撮影を出来た時の嬉しさはひと際ですよ。

 

ワカメの生息帯が浅瀬の為、葉山では水深3~4m付近で観察出来ております。

クサウオ科の多くは、水深100m以深に生息しているのですが、

スナビクニンは浅瀬で観察できるクサウオ科のお魚です。

 

浅い為に、うねりが少しでも入ると、探す事も撮影する事も難しいので、

海況と相談の上、観察してみてくださいね。

 

水温が上昇しワカメが弱りだすと、住み家であるメカブが崩れだします。

その頃になると、個体数は激減してしまいます。

その後、スナビクニンはどこに移動してしまうのか?

詳細は分かりません…一体どこにいくのでしょうか。

 

ダイビングショップNANAのブログにも、スナビクニンが紹介されておりますので、

是非、閲覧してみてくださいね。

海日誌

 

都心から一番近い  癒しの水中ツアーへ ダイビングショップNANA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事