はじめて知ったたこ壷でのタコの取り方

写真1

たこって書いてあるのが、かわいい!

 

先日、ボートダイビングに行って休憩していると船着き場にたこ壷が置いてあるのを発見しました。

海の中で何回か見た事はあったのですが、ちゃんと見るのは初めてだったので、よくよく観察していたら

いつもボートダイビングの操船をしてくれる漁師さんがたこ壷の仕掛けを教えてくれました。

原始的な仕掛けだけど、なるほど〜!!でした。

 

たこ壷の奥には実際にはもう中身が入っていない2枚貝がひもでぶるさがっています。

写真2

このひもは前にある蓋と繋がっています。

写真3

タコが貝を発見して、たこ壷の中に入って貝を食べようと紐から貝をはずすと、、箱の中の紐が緩んで蓋が閉まる仕組みなんです。

 

 

そしてタコ捕獲となるわけです!

 

なんとなく目にしていたたこ壷の仕組みのご紹介でした。

そして、ダイビングでは、タコの抱卵の季節を迎えています。

岩の上から、ぶる下がるように産みつけられている卵を、一生懸命に守るタコの姿は是非、見て頂きたい生態シーンです。

下記の動画は、そんな葉山のタコのハッチアウトシーンです

<iframe width=”560″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/zB4mVTpdo_k” frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>

 

そんなシーンを是非見に来てください!

NANAでお待ちしています。

都心から一番近い  癒しの水中ツアーへ ダイビングショップNANA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事