ダイビング器材のい・ろ・は レギュレーター

こんにちは。

今日は、ダイビング器材の中でも、ダイバーの命綱となるレギュレーターのご紹介をさせて頂きます。

 

IMG_8916

タンクに接続するファーストステージ。(一番下の部分)

こちらは、システムや素材によって値段が変わってきます。

中のピストンによって、空気を出し入れしてくれるのですが、タンク内にある圧縮された空気を呼吸する為に少し圧力を下げてくれる、大事な部分です。

 

次に、自分が呼吸するメイン(シルバー)とバディがエア切れの時に使うオクトパス(黄色)の丸い部分。

こちらをセカンドステージと言います。

ファーストステージで中圧に圧力を下げた空気を、更に呼吸する為に、自分がいる位置の圧力に下げてくれます。

寒冷地仕様など様々なものがあります。

突っ張り感を緩和する為に、スイベルと言って口元で自由に動いてくれるもの。

また、マイフレックスホースという柔らかい素材のホースを使っている物。

チタンなどの軽くて丈夫な金属を使用しているものなど、多岐に渡ります。

 

あとはゲージです。

タンクの残量を示してくれる大事な計器です。

3連ゲージと呼ばれるものは、残圧計・深度計・コンパスが付いています。

2連ゲージは、残圧計・深度計のものと、残圧計・コンパスのものがあります。

最近では、ダイビングコンピューターが付いたゲージなどもありますが、2連、3連ゲージを持っている方が一番の多いです。

 

他についている、中圧ホースはBCDのインフレーターホースに繋がるものと、冬場のドライスーツに繋げるものです。

 

100本潜る毎、もしくは1年に1回はオーバーホールをして、メンテナンスを行います。

命にかかわる器材ですので、定期的な点検が必要になります。

ダイビングショップnanaでも、器材の販売をしております。

スタッフに色々と問い合わせてみてくださいね。

都心から一番近い  癒しの水中ツアーへ ダイビングショップNANA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事