ダイビング器材のい・ろ・は

ダイビング器材は大きく分けると軽器材と重器材とスーツという3種類に分けられます。

軽器材は軽い器材だから軽器材、重器材は重い器材だから重器材という覚え方で構わないと思います。

細かく説明するとマスク、フィン、スノーケル、グローブ、メッシュバッグが軽器材と呼ばれています。軽器材は比較的値段も手頃でダイビングだけでなくスノーケリングにもそのまま使って頂くことが出来る手軽な器材です。

重器材はタンクから空気を取り入れて呼吸するための呼吸器「レギュレーター」と水中で浮力を調節するジャケットのようなもの「BCD」」があります。これらをダイビングで重器材とと呼んでおります。

そして自分の体を守るために着用するウエットスーツです。

この3つを総称してダイビング器材と呼んでおります。

 

 

都心から一番近い  癒しの水中ツアーへ ダイビングショップNANA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事