マクロレンズを使って写真を撮ろう

前回はマクロレンズの特性について説明を行いました。
今回はマクロレンズを使って、撮影を行う際にお勧めの被写体をご紹介致します。
マクロレンズを装着すると単焦点といい、ピントが合う、距離が一点に定まります。
そうなると動き回る被写体を狙うと極度に難しくなります。
まずは、あまり動かないものを狙っていくのがお勧めです。
その、代表的な被写体がウミウシではないでしょうか?
ウミウシは、まずは触覚や、二次鰓にピントを合わせるように心がけます。
まずは触覚にピントを合わせた作例です。
IMG_1742

 

次は二次鰓にピントを合わしている作例です。

IMG_1736
この2枚の写真でもわかるように、マクロレンズを用いるとピントの合っている部分以外は
ボケます。今まで何もつけずに撮っていた時と違い、一味違う作品に仕上がります。
ここにピントを合わしたら正解というものはありませんので、色々試してみるのが

面白いと思います。
次回はもう少し難易度の高い被写体をマクロレンズを使って撮る方法をお伝えしたいと思います。

都心から一番近い  癒しの水中ツアーへ ダイビングショップNANA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事