ミラーレス1眼の長所・短所

2

ミラーレスカメラの長所・短所について簡単にご説明致します。

  • 長所
    ・ミラーがなくなったことにより、小型化できる。
  • ・光学ファインダーを必要としないため、小型化できる。
  • ・カメラ上面をフラットにするなど、デザイン面での自由度が高まる。
  • ・一眼レフのようなミラー動作機構がないため、コスト削減がしやすい。
  • ・ミラー動作がないため、音が小さくブレにくくなる。
  • ・静止画撮影と動画撮影をシームレスに行うことができる。
  • ・常にイメージセンサーが被写体からの光を受けているため、顔認識など画像認識機能を働かせられる。
  • ・光学ファインダーと比較すると、電子ビューファインダーはコスト削減がしやすい。
  • ・記録される画像を確認しながら撮影することができる。(デジタル一眼レフのライブビュー撮影でも可能。)
  • ・イメージセンサーの高感度特性が向上するに伴い、肉眼では識別できないような暗いシーンも視認できる。
  •  (デジタル一眼レフのライブビュー撮影でも可能。)
  • ・フランジバックが短くなるため、レンズの設計が容易になるとともに、レンズを含めたシステム全体の小型化が可能。

 

短所

  • ・電子ビューファインダーは改善されてきているが、最高品質の光学ファインダーの見え方には届いていない。
  • ・改善されてきているものの、電子ビューファインダーに特有のタイムラグや撮影時の暗転がある。
  • ・電子ビューファインダーが搭載されていない機種では、動体の撮影がしにくいとともに、手振れがしやすくなる。
  • ・デジタル一眼レフと比べオートフォーカス動作が遅い。

・小型化にはレンズマウントの変更が必須であり、今までのレンズ資産をそのままでは利用できない。

(各社とも、自社デジタル一眼レフ・レンズ用のマウントアダプターを用意しています。)

もっと詳しく知りたい方は是非ダイビングショップNANAまでお問い合わせください!

 

都心から一番近い  癒しの水中ツアーへ ダイビングショップNANA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事