流れ藻探索!

流れカエルアンコウ

カエルアンコウ

 

こんにちは。

今日はこれからのシーズンの葉山のビーチで楽しみな生物達をご紹介いたします。

「流れ藻探索」って何??っと思ったかたもいらっしゃるかと思いますので、まずはそこからご説明します。

 

海藻の森 というページで、少し紹介いたしましたが、アカモク、ホンダワラ、マメダワラなど数えきれないほどの種類の海藻が、冬場のダイバーの目を楽しませてくれる葉山。

水温が上昇してくると、低水温を好む海藻が弱りだします。

弱った海藻が、台風なので海が荒れた時に、うねりや波で千切れて砂地に流され、堆積します。

その堆積した海藻を「流れ藻」と呼んでいます。

 

タツノオトシゴYg

流れタツノオトシゴYg

この「流れ藻」が、色々な生物の棲み家となるんです。

宝探しのように、砂地で流れ藻を一つ一つ確認していくと、様々な生物に出逢う事が出来る!

そんなダイビングを「流れ藻探索ダイビング」と称し、お客様と一緒に楽しみます。

 

タツノイトコ

流れタツノイトコ

 

カエルアンコウやタツノオトシゴ、サンゴタツ、タツノイトコ、ホウボウYg、

そしてダンゴウオまで!

流れダンゴ

色々な生物が出現してくれる流れ藻探索というダイビングも是非、楽しんでみてください。

どのような生物が現在見られているかは、ダイビングショップNANAのブログをご参照ください。

海日誌

都心から一番近い  癒しの水中ツアーへ ダイビングショップNANA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事