葉山の海がクローズしたら大瀬崎へ!外海「柵下」編

IMG_1170

ここからは外海のダイビングポイントについて説明させて頂きます。外海にはいくつかのダイビングポイントが存在します。

「柵下」「大川下」「1本松」「門下」「玉崎」「白崖」「ホトケ」が外海を代表するダイビングポイントになります。

今日はマンボウの季節になるとマンボウとの遭遇率が高い「柵下」についてお話したいと思います。

柵下は外海の一番北寄りにあるポイントです。水深が深く、干潮時に起こる潮汐流にも敏感で特に中潮~大潮周りの時は、時間によって強いカレントが発生する事もあり、潮流は岬の先端沖へ向かって流れることが多く、中級者から上級者の方にお勧めのポイントとなっています。

水深10m付近まではゴロタが広がり、その先に進むと砂地が急斜面に落ち込んでいます。

沖にある水深25m付近からのショートドロップオフも特徴的です。

全体的にソフトコーラルが多く、そのバックには多数のハナダイ類が群れを成しています。

春先にはマンボウも高確率で出現したり、回遊魚系なども見られたりとワイド派にお勧めのポイントでもあります。

次回は外海のダイビングポイント「大川下」についてお話したいと思います。

 

都心から一番近い  癒しの水中ツアーへ ダイビングショップNANA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事